総量規制対象外!即日・低金利のカードローン

総量規制対象外でも即日融資!

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、信販カードのキャッシングは平成22年6月より総量規制という法律が施行されたことで、原則年収の3分の1までしか融資を受けることはできなくなりました。

 

総量規制とは、年収300万円の人であれば、1/3の100万円まで。年収600万円の人であれば、1/3の200万円が貸付限度となり、それ以上の貸付は禁止とすることで、今後多重債務者を増やさないことを目的として導入された貸金業法です。

 

しかし、この規制はあくまで貸金業者(消費者金融・クレジットのキャッシング・信販のキャッシングなど)のみが対象となっています。逆に言えば、貸金業者でなければ総量規制という法律はまったく関係がないのです。

年収3分の1までしか貸付できない会社

消費者金融会社 プロミス・アコム・モビット・ノーローンなど
クレジット会社 三井住友カード・JCB・クレディセゾンなどのキャッシング
信販会社 ジャックス・オリコ・セディナ・アプラスなどのキャッシング

※銀行等の金融機関以外のノンバンクは、ほとんどが貸金業者となっています。
※クレジット・信販のショッピングは「割賦販売法」が適用されるので、総量規制には含まれません。

 

総量規制対象外のカードローンとは?

 

総量規制対象外のカードローンとは、貸金業者ではない金融機関のローン全てを言います。金融機関には銀行、信用金庫、農協、郵便局、労金などがありますが、貸金業者には含まれませんので、それらのローンはすべて年収3分の1の制限はありません。

総量規制対象外となるカードローン

年収3分の1以上貸付が可能なカードローン

  • 銀行のカードローン
  • 信用金庫のカードローン
  • 労金のカードローン
  • 農協のカードローンなど

 

銀行カードローンがなぜおすすめなのか?

 

総量規制対象外なら銀行カードローン

年収3分の1の制限が無い総量規制対象外で選ぶなら、銀行カードローンがおすすめです。銀行カードローンの特徴は消費者金融などの貸金業者に比べ、圧倒的に金利が低いことです。

 

そして、使途自由のフリーローンでも限度額が高く、目的ローンとして利用しても良いほど、スペックは高くなっています。又、銀行カードローンは消費者ローン市場に積極展開をしており、昔の住宅ローンや企業への設備投資、不動産担保などの有担保ローンの流れから、無担保ローンの流れへとシフトチェンジしてきています。

 

銀行カードローン残高は増加中

総量規制対象外となるローンは銀行以外にもありますが、その中でも借りやすいのは間違いなく銀行カードローンと言えます。それほど今の銀行は融資残高を年々伸ばしており、今や消費者金融の貸付残高を超えるほどまで成長しています。

 

それだけ銀行カードローンから融資を受けている人は増えており、昔と違い銀行は今、消費者金融に代わって、キャッシングカードローン市場の中心的な存在になっているのです。


低金利の銀行カードローンは審査が厳しいのか?

銀行カードローンは審査が厳しいのか?

銀行カードローンは消費者金融と比べれば圧倒的に低金利となり、限度額も高く、提携しているATMも非常に多い利便性が良いカードローンです。

 

しかし、銀行カードローンで借りようと思っても、審査が厳しいと思う人はかなりいるのではないでしょうか?

 

確かに銀行カードローンの審査は甘くありませんが、先ほども書いたように、銀行カードローンの融資残高は伸びており、今や3兆円を超すほどになっているのです。

 

その理由の1番はやはり個人向けローン商品の強化で、銀行カードローンはメガバンクを中心にしてテレビCMなどの広告を積極的に行っています。その為、今の銀行は昔の担保主義では無く、無担保・無保証のフリーローンに力を入れていることが挙げられます。

 

銀行カードローン審査なら年収3分の1の規制はありません!

 

今現在借入が無い人なら銀行カードローンの審査を通過する可能性は高いと言え、消費者金融で借入があったとしても、銀行カードローンは総量規制対象外による年収3分の1の制限がありませんので、消費者金融では借りられなかった人でも審査次第で銀行カードローンを借りることは可能と言えるのです。

 

そして総量規制対象外の最大のメリットは、消費者金融では借りられない専業主婦でも借入ができることです!すべての銀行カードローンが専業主婦に対し融資を行っている訳ではありませんが、消費者金融では法律によって貸付禁止となっている専業主婦でも融資をしているのは総量規制対象外のカードローンだけなのです。

銀行カードローンは年収規制無し

 

又、今の銀行カードローンは、消費者金融と同じ最短即日審査も可能な銀行もあり、コンビニATMともほとんどが提携しておりATM利用手数料0円の銀行カードローンもあります。

 

銀行カードローンは借りる側にとって多くのメリットがあるカードローンの為、審査に不安がある人でも、まずは銀行カードローンから申込みすることを強くおすすめします。


銀行カードローンで即日審査・即日融資は可能なのか?

総量規制対象外のカードローンでも即日審査・即日融資はできます!キャッシングカードローンを申込みする場合に選ぶ理由として、審査が早い、当日に借入ができるなどのスピードが求められています。

 

スピードだけで選ぶなら、消費者金融が最も早いと言えますが、年収制限の無い、総量規制対象外で低金利カードローンを借りたいと思った時、不安に思うのはどれぐらい審査時間がかかるのか?融資は当日にできるのか?という部分です。

 

銀行カードローンでは消費者金融に比べて審査時間が長く、審査に2日〜3日ほどかかるケースもよくあることです。低金利のカードローンで即日審査を求めるならば、オリックス銀行カードローンがおすすめとなります。

 

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンでありながら、審査時間は最短即日審査が可能!そして、ローンカード発行後、提携ATMより無料で最短即日融資もできますので、銀行カードローンでスピードを求めるならば、最もおすすめのカードローンとなります。

 

銀行カードローンで即日に銀行口座に振込で融資してくれるとこは?

 

総量規制対象外で即日融資が可能なのは、かなり少なく、その中でも当日に自分の銀行口座に振込してくれる銀行カードローンはレイクだけとなっています。

 

それは、銀行カードローンには必ず保証会社が付いており、銀行の審査と、保証会社の審査の2つの審査をすること、そして、多くの銀行カードローンでは融資条件として、普通預金口座を開設し、その口座に振込することで融資をする場合が多く、>普通預金口座開設後しか貸付ができない理由から、即日振込融資ができる銀行カードローンはレイク以外ほとんど無いのが現状です。

 

新生銀行カードローン レイクは、即日振込融資ができる唯一の銀行カードローンです。レイクなら、即日融資が可能となっており、しかも、借入の内全額を30日間無利息、又は、借入の内5万円までを最大180日間無利息のサービスが付いています。

 

100万円以下は収入証明書不要となっており、即日(当日)融資を希望するならば、新生銀行レイクに申込みすることをおすすめします。

銀行と消費者金融におけるカードローンの比較の違いとは?

近年、色々な金融業者がカードローンを扱っている中で、中心にいるのは消費者金融と銀行ですが、両者の間には異なる特徴が多々見られます。

 

最高金利

最も重要となる貸出における最高金利は都市銀行の14.0〜14.8%に対し、消費者金融は18%と高く設定されています。ネットバンクは8〜18%と銀行間でかなり差があります。

 

利用条件における口座の保有

都市銀行、ネットバンク共に、約半数の銀行がカードローンの利用条件に自行の口座の保有を挙げています。

 

即日融資

消費者金融はほぼ全社が契約を申込んだその日の即日融資に対応できます。銀行で無条件の即日融資に対応しているのは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行だけです。なお、既存の口座保有者に対してのみ即日融資を行っている銀行は何社かあります。

 

インターネットによる振込キャッシング

消費者金融は全社が利用者の指定した銀行口座への振込キャッシングが可能になっています。都市銀行は振込キャッシングができませんが、ネットバンクには振込キャッシングに対応しているところが多くなっています。

 

口座引き落とし

自分の保有する銀行口座からの引き落としによる返済に関し、モビット以外の消費者金融はほぼすべての銀行からの引き落としが行えます。モビットは東京三菱UFJ銀行と三井住友銀行の口座のみ対応しています。都市銀行は自行の口座からしか引き落としができません。ネットバンクでは楽天銀行とオリックス銀行だけが他行の口座からの引き落としにも対応できます。

 

返済方式

借入金の返済方式は消費者金融も銀行もほとんどが元利均等残高スライド方式を採用しています。レイクと楽天銀行は元利均等残高スライド方式の他に、借入残高が変化しても常に一定の金額を返済する元利定額方式が選択できます。なお、アコムだけは元利定率残高スライド方式になっています。

 

返済方法

返済方法は消費者金融が口座引き落としやコンビニATMからの入金、店頭への持参、インターネットからの振込など、多種な方法が提供されているのに比べ、銀行の場合は口座引き落としだけというものが少なくありません。銀行でコンビニATMからの入金を受け付けているのは東京三菱UFJ銀行と三井住友銀行、オリックス銀行、じぶん銀行だけです。ちなみに、追加返済ではほとんどの銀行がATMからの入金が可能になっています。

 

コンビニATMの利用手数料

消費者金融は全社がコンビニATMの利用手数料が有料になっているのに対し、銀行カードローンでは無料になっているのが多くあります。