借入が年収3分の1以上になったらどうなるの?

借入が年収3分の1以上になったらどうなるの?

借入が年収の3分の1以上になった段階で、消費者金融やクレジットカードのキャッシング、信販でのキャッシングは追加借入ができなくなります。厳密に言えば、貸金業者が信用情報を調査して、借入残高が年収の3分の1を超えていた場合、追加利用の停止措置を取ることが義務付けられているからです。

 

ですから、借入が年収の3分の1を超えていたとしても、消費者金融会社が信用情報で負債のチェックを行わなければ追加利用は止めらないことになります。しかし、貸金業法では定期的に顧客の信用情報を調査することが決められています。

 

貸金業者による指定信用情報機関の調査義務

キャッシングの借入残高が10万円を超える場合、カード会社は定期的に(3ヵ月毎、さらに月間のご利用額が5万円を超える場合は毎月)、内閣総理大臣が指定した信用情報機関の信用情報に基づく利用者の返済能力調査が必要。

 

このことから、消費者金融やクレジットカードのキャッシング残高が10万円を超えている人は3か月ごとに信用情報の調査をされることになり、借入残高が10万円以下だったとしても、月間の利用額が5万円を超える場合は毎月信用情報の調査をされることになっているのです。

 

逆に信用情報の調査をされない人とは、キャッシングの借入残高が10万円以下で、月間の利用額も5万円以下の人は信用情報の調査の対象外となりますが、そのような人は毎月返済のみしている人が多いことから、あまり年収の3分の1の基準も気にしていない人と思われます。

 

質問の借入が年収3分の1以上になったらどうなるの?の答えとしては、消費者金融などの貸金業者であれば限度額内の追加利用が止められることになります。しかしながら、追加利用が止められるだけで、一括で返済する必要はありません。あくまでも、一時的に追加融資を停止していると考えればよいと思います。

 

借入残高が減少して、年収の3分の1未満になれば、貸金業者の審査によって、また限度額内で追加利用ができる可能性もありますが、また1/3以上となれば追加利用停止をしなければならない為、大幅に残高が減らなければ追加融資が再開されることは難しいのかも知れません。

 

又、定期的な信用情報のチェックで、他社と合わせた借入残高合計が100万円を超える場合収入証明書を提出しなければならなくなり、提出をしない場合も、限度額内での追加融資が止められてしましますので注意が必要です。

 

借入が年収の3分の1以上になった人

関連ページ

総量規制の目的はなんですか?
総量規制に関する質問について回答しています。総量規制の目的は?総量規制が導入された背景について説明します。
専業主婦は借りられないのですか?
専業主婦は総量規制によって借入の制限があり、借りれるカードローンと、借りられないカードローンに分かれています。専業主婦が借りれるカードローンを説明します。