総量規制の目的はなんですか?

総量規制の目的はなんですか?

総量規制は2010年6月18日に貸金業法が完全施行となり、最終段階で施行となった法律です。総量規制は原則、消費者金融などの貸金業者からの借入を年収3分の1までと決めましたが、総量規制の目的は今後多重債務者を増やさない事を一番の目的としています。

 

総量規制ができる前は、年収による借入制限は無く、消費者金融やクレジット会社側の審査に委ねられており、年収300万円の人でも、消費者金融から200万円借入することは、融資する側が返済能力があると判断すれば可能でした。

 

しかし、それは消費者金融の過剰融資を招くこともあり、借金の件数や負債が多くなると、消費者金融は10万円などの小口融資で貸付することが増え、そのこともあって、10件以上消費者金融から借りている人もいたのです。

 

多重債務者問題が大きくなったのは、消費者金融の過酷な取り立てがマスコミよって大きく取り上げられたことが発端です。昔は商工ローンの取り立てがニュースになったこともありましたが、一部の消費者金融の取り立てが、あたかもすべての消費者金融が行っているという風潮になってしまい、世論は消費者金融へ見る目が厳しくなったことで、法改正へと動き出したと思っています。

 

又、今は法律改正で禁止となりましたが、昔は大手消費者金融では融資の際に生命保険の契約をすることがほとんどでした。万が一亡くなった場合は保険会社より弁済を受けれらる契約で住宅ローンの団信のようなものですが、それが過酷な取り立てと一緒に報道されることで批判の対象となり、より一層多重債務者問題がクローズアップされる原因となりました。

 

多重債務者問題と同時に自己破産件数の増加が止まらず、ピーク時には年間20万人以上の人が自己破産申し立てをしていたことで、借入制限を加えることによって多重債務者を無くし、自己破産件数も減らす事を目的として総量規制が決定したのです。

 

総量規制とは、消費者金融、クレジット会社、信販会社からの借入を年収の3分の1までとすることですが、あくまで貸金業者のみですので、銀行などの金融機関の借入は対象外です。

 

多重債務者の借入は消費者金融だけでは無く、多くの人は住宅ローンの返済から始まり、知人・友人・身内への借金、そして最終的に消費者金融へ申込みすると言われています。

 

多重債務者を無くすのであれば、規制をするのは消費者金融だけでは無く、銀行などの金融機関も対象にするべきですが、銀行は「銀行法」という別の法律があることと、金利が消費者金融に比べ低いから多重債務者にならないという根拠無い理由で総量規制からは外れ、年収3分の1の制限はないのです。

 

総量規制とは多重債務者は作らせない目的で導入されましたが、このように対象は貸金業者のみとなっており、様々な矛盾が生じていることも事実なのです。

 

総量規制の目的

関連ページ

借入が年収3分の1以上になったらどうなるの?
借入が年収3分の1以上になったらどうなるのか?総量規制以上に借入がなったら一括返済しなければならないのか?その疑問に答えます。
専業主婦は借りられないのですか?
専業主婦は総量規制によって借入の制限があり、借りれるカードローンと、借りられないカードローンに分かれています。専業主婦が借りれるカードローンを説明します。