総量規制対象外カードローンの限度額

総量規制対象外の限度額

総量規制対象外カードローンの限度額は、ほとんどが500万円以上となっており、消費者金融やクレジット会社のカードローンと比べて、非常に高額となっています。

 

高い限度額のカードローンであれば、最高1000万円のところもあり、使途自由の無担保・無保証のカードローンとしては、昔では考えられない程、限度額は高くなっています。

 

消費者金融のカードローンであれば、アコムやモビットなどの限度額500万円が最高で、大手消費者金融の場合は300万円、中堅で200万円、中小になってくると、限度額50万円までという消費者金融も少なくありません。

 

そう考えると、総量規制対象外の銀行カードローンはかなり限度額が高いと言うことができます。

 

カードローンの限度額一覧
カードローン 限度額
オリックス銀行カードローン 最高800万円
新生銀行カードローン レイク 最高500万円
楽天銀行カードローン 最高500万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 最高1000万円
アコム(消費者金融) 最高500万円
プロミス(消費者金融) 最高300万円

高い限度額ほど利益が出るが、リスクも高い

カードローン会社の収益は多くが利息収入です。利息収入を増やすのであれば、より多い金額を融資した方が良いのですが、貸し倒れになるリスクもあることから、限度額が高くなれば審査も厳しくなっていきます。

 

その為、新規契約で大きな限度額を借りることは難しいとも言え、一般的には、利用後半年〜1年程度で増額の申込みをして限度額を増やす方法が多いと思われます。

消費者金融では総量規制の制限がある!

限度額は総量規制の制約がある

限度額を大きく借りようと思った時、消費者金融では総量規制の制限がありますので、借入は原則年収の3分の1までしか借りることはできません。例えばプロミスから300万円借りれる人は、年収900万円が必要となってきます。

 

そうなると、大きく限度額を借りようと思っても、自分の年収による制限がありますので、消費者金融ではなかなか高限度額を借りることは難しいと言えるのです。

 

しかし、銀行カードローンであれば総量規制対象外の為、年収規制はありません。例えば、年収600万円の人が、1/3以上の250万円を借りることも銀行カードローンあれば審査次第で可能なのです。

 

銀行カードローンは限度額が高いことに加え、収入証明書は100万円以下では不要です!オリックス銀行カードローンであれば原則300万円まで収入証明書不要としていることから、高い限度額を借りる場合には銀行カードローンへ申込みした方が希望通りの限度額を借りれることにつながるかも知れません。