総量規制対象外の金利はどれくらい?

総量規制対象外のカードローンを借りたいけれど、金利はどれくらいなのか?まず、総量規制対象外は銀行カードローンとなりますので、金利は断然に低金利となっています。

 

消費者金融の金利と、総量規制対象外の銀行カードローンとの金利を比較してみます。

 

大手消費者金融の金利
大手消費者金融 金利(実質年率)
アコム 4.7%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
モビット 4.8%〜18.0%
ノーローン 4.9%〜18.0%

 

有名銀行カードローンの金利
銀行カードローン 金 利
オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%〜14.6%
りそなプレミアムカードローン 3.5%〜12.475%
新生銀行カードローン レイク 4.5%〜18.0%
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5%

全体的な金利を比較する場合は必ず上限金利で比較することがポイントとなります。カードローンの金利は下限金利(最低金利)〜上限金利(最高金利)で表示されていますが、下限金利(最低金利)で借りられる人は最高限度額での借入の場合など、ごく僅かな人しかいません。

 

借りる金額にもよりますが、50万円以下の少ない借入であれば、ほとんどは上限金利(最高金利)が実際借りた時の金利になるのです。

 

では、50万円以下で借りた場合の消費者金融と総量規制対象外の銀行カードローンの金利を比較してみます。

 

50万円以下を借りた場合の大手消費者金融の金利
大手消費者金融 50万円以下の金利(実質年率)
アコム 18.0%
プロミス 17.8%
モビット 18.0%
ノーローン 18.0%

 

50万円以下を借りた場合の銀行カードローンの金利
銀行カードローン 50万円以下の金利
オリックス銀行カードローン 12.0%〜17.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6%
りそなプレミアムカードローン 12.475%
楽天銀行カードローン 14.5%

総量規制対象外の銀行カードローンなら金利は15%以下も可能!

 

消費者金融と銀行カードローンの50万円以下の金利を見れば分かりますが、利用する人が多い限度額50万円以下の金利の場合、消費者金融はすべてが18%近い金利となっています。

 

それに対し、総量規制対象外の銀行カードローンは、15%以下の金利もあり、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックであれば、50万円借りても金利は14.6%で、消費者金融と比較すると、3.4%も低金利で借りることができるのです!

 

さらに、バンクイックは50万円超〜100万円の金利は12.6%となっていることから、60万円〜90万円の借入ならば消費者金融の金利18%との差は5.4%にもなります!100万円以下の借入ならバンクイックが低金利確実です!

 

低金利で借りるなら総量規制対象外のカードローン!

 

低金利で借りるなら総量規制対象外!

総量規制対象外の銀行カードローンと、消費者金融の大きな違いは、やはり金利です。誰でもがカードローンは金利が低く(安く)借りたいと思っているのは間違いありません。

 

しかし、金利表示の幅が広いため、どこのカードローンが一番金利が安いのか?なかなかはっきりと分かることは難しいと言えます。カードローンの金利は限度額によって変わってきますので、確かに金利を一概にはっきりと言うことができないのは当然です。

 

ただ、利用する限度額は全ての人が200万円や300万円以上の高額借入をするわけでもありません。利用する人の多くは50万円〜100万円ぐらいの金額で使っている人がほとんどなのです。

 

自分が借りる金額がある程度分かるのであれば、カードローンの金利も分かり、その金額の金利で比較することが重要な事なのです。

 

消費者金融と銀行カードローンの金表のとおり、消費者金融では50万円以下の場合は上限金利が適用されますので、18%の金利で借りなければなりませんが、銀行カードローンであれば15%以下の金利で借りることもできることから、低金利で借りるのであれば、総量規制対象外の銀行カードローンがおすすめと言えます。