主婦で借りるなら総量規制対象外が有利!

主婦で借りるなら総量規制対象外で!

主婦や専業主婦の人がキャッシングカードローンへ申込みする場合は、総量規制対象外のカードローンへ申込みした方が絶対的に有利になることを知っていますか?

 

2010年6月18日より、貸金業規制法から貸金業法へと改正され、上限金利引き下げと、総量規制導入により完全施行となりました。

 

そしてその時から消費者金融では専業主婦への融資は不可能となったのです。

専業主婦が消費者金融から借りられない理由

専業主婦が借りられない理由

なぜ専業主婦は消費者金融から借りられないのか?それは単純に年収が0円だからです。総量規制とは年収の3分の1を超える貸付を禁止としていますが、年収3分の1までは融資は可能になっています。

 

しかし、専業主婦の人は、自分で仕事をしておらず、夫(配偶者)の収入で生活しており、自分自身の年収は0円になりますので、総量規制によって借りられないのです。

 

総量規制とは、多重債務者を今後増やさない目的で導入されましたが、年収3分の1というルールを作ったせいで、多重債務者では無い専業主婦も、多重債務者や無職の人と同じ括りになってしまったのです。

パートやアルバイトをしている主婦の人は年収3分の1まで

パート・アルバイトの主婦

パートやアルバイトをしている主婦の人は、消費者金融からでも借りることはできますが、パートやアルバイトの年収の3分の1までしか借りることは原則できません。

 

例えば、パートやアルバイトで、配偶者の扶養範囲内の年収103万円だった場合、その1/3の、約34万円までは消費者金融でも借りることは可能です。

 

すでに10万円消費者金融やクレジットカードのキャッシングがあるのであれば、残り借りれる金額は24万円までです。消費者金融などの貸金業者では必ず総量規制が関係してきますので、パートやアルバイトの人など、年収が少ない場合は必然的に借りれる金額も少なくなってしまうのです。

主婦・専業主婦でも借りれる低金利ローンはバンクイック!

専業主婦でも借りれるのはバンクイック

消費者金融では総量規制によって借りられない専業主婦でも、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなら、最大30万円まで融資可能です!

 

自身の収入が0円でも、配偶者に安定的な収入があれば金利14.6%の低金利で融資を受けることができます。

 

そしてバンクイックなら収入証明書は100万円以下不要となっていますので、専業主婦の場合収入証明書は必要ありません!インターネットからの申込みなら審査時間は最短30分!即日融資も可能な最高スペックカードローンを専業主婦でも借りることができるのです。


総量規制対象外のカードローンなら専業主婦でも50万円借入可能!

消費者金融ではパート・アルバイトで収入があったとしても借入はパート・アルバイトの年収の3分の1までとなり、専業主婦では一切借金が無くても、消費者金融では借りられません。

 

しかし、総量規制対象外の銀行カードローンであれば、パート・アルバイトで年収103万円しかなかったとしても、専業主婦で収入が0円だったとしても、最大50万円まで借りることが可能なのです!

銀行カードローンなら専業主婦でも50万円借りれる理由

専業主婦でも借りれる理由

銀行カードローンは「銀行法」という別の法律があることから、特別法の貸金業法は適用されず、総量規制も関係が無い、総量規制対象外となります。

 

その為、年収による借入制限は無く、返済能力が有るのであれば、年収3分の1以上でも審査次第で融資を受けられる可能性はあるのです。

 

そして、主婦や、専業主婦の人にとっては、消費者金融へ申込みするよりも、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みした方が多くの金額を借りれることになります。

 

銀行カードローンが専業主婦でも融資できる理由は、総量規制対象外によって、年収3分の1の規定がないからです。

主婦・専業主婦の場合の消費者金融と銀行カードローンの比較

パート・アルバイトの主婦の場合

配偶者の扶養範囲内の年収103万円のケース

消費者金融

銀行カードローン

総量規制で借入は最大34万まで

総量規制対象外で借入は50万円まで可能

※配偶者に安定的な収入があることが前提となっています。
※銀行カードローンによっては最大30万円までしか借りられない場合もあります。

 

パートやアルバイトをしていたとしても、消費者金融から借りられるのは年収3分の1までの最大34万円までとなります。一方、銀行カードローンであれば、年収3分の1の規制がありませんので、審査次第で最大50万円まで借りられます。
まったく借入が無い主婦の人で、どちらも審査が通る前提であれば、消費者金融よりも銀行カードローンの方が金額は多く借りられるのです。


専業主婦の場合

仕事はしておらず収入0円のケース

消費者金融

銀行カードローン

総量規制により借入不可

総量規制対象外で借入は50万円まで可能

※配偶者に安定的な収入があることが前提となっています。
※銀行カードローンによっては最大30万円までしか借りられない場合もあります。

 

専業主婦の場合、消費者金融からは総量規制によって借入はできません。しかし、銀行カードローンであれば、配偶者に安定的な収入があれば最大50万円までは借入が可能です。
又、銀行カードローンなら収入証明書は不要で借入ができます!専業主婦の場合は絶対的に銀行カードローンへ申込みした方が有利なのです。