収入証明書不要で借りれるのは総量規制対象外!

消費者金融では平成22年6月に総量規制が始まってから、一定条件の場合、必ず収入証明書が審査で必要になりました。

消費者金融で収入証明書が必要となる場合
  • 50万円を超える借入の場合(借入希望額が50万円を超える場合)。
  • 申込みの借入希望額が他の消費者金融会社の借入と合わせ、100万円を超える場合。
  • 上記以外でも審査で収入証明書が必要と認められた場合。

これは総量規制が年収の3分の1を超える融資を禁止している為、申込み者(顧客)の年収を貸金業者が調査する目的で収入証明書が必要になったのです。

 

消費者金融では50万円を超える借入の場合、必ず収入証明書が必要となりますが、50万円以下であれば収入証明書は不要でOKということです。

 

しかし、50万円以下の借入であっても、他の貸金業者(消費者金融)からの借入と合わせ100万円を超える場合は、例え10万円の借入だったとしても、消費者金融では収入証明書が必要になります。

 

総量規制対象外のカードローンなら収入証明書は不要?

収入証明書不要

総量規制対象外の銀行カードローンであれば、収入証明書は不要で借りられます!厳密に言えば、銀行カードローンでは100万円以下であれば収入証明書は必要ないのです。

 

なぜ銀行カードローンは収入証明書不要で借りられるのか?それは、総量規制とは関係が無い、総量規制対象外のカードローンになるからです。

 

収入証明書が必要なのは、あくまで年収の3分の1かどうかを調査するためです。年収3分の1の制限があるのは貸金業者の消費者金融やクレジット会社・信販会社となり、銀行は「銀行法」という別の法律があり、貸金業者ではありませんので、年収による借入規制は一切ないのです。

 

その為、銀行であれば自社貸付額が100万円以下であれば収入証明書不要としており、他の銀行カードローンや消費者金融からの借入は関係がありません。

オリックス銀行カードローンなら原則300万円まで収入証明書不要!

銀行カードローンは100万円以下は収入証明書不要ですが、すべての銀行が100万円以下と決まっている訳ではありません。

 

有名銀行カードローンの収入証明書不要金額
カードローン 収入証明書不要の金額
オリックス銀行カードローン 原則300万円以下は収入証明書不要
楽天銀行カードローン 200万円以下は収入証明書不要
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 200万円以下は収入証明書不要
三菱東京UFJ銀行カードローン 100万円以下は収入証明書不要
新生銀行カードローン レイク 100万円以下は収入証明書不要

上記の表を見れば分かりますが、楽天銀行カードローンやジャパンネット銀行は200万円までは収入証明書不要となっており、オリックス銀行カードローンに関しては、原則300万円までは収入証明書が不要となっています。

 

300万円まで不要となっていれば、通常のフリーローンの審査で必要となるケースは301万円以上の借入の場合となり、ほとんどの審査では収入証明書は必要無いことになります。

 

銀行カードローンは収入証明書不要

収入証明書は、源泉徴収票や確定申告書、所得証明などであり、給料明細書でも直近2か月分であれば、収入証明書として審査が可能です。

 

しかし、キャッシングカードローンの申込みの場合にそれらの収入証明を持っていなければ、消費者金融では50万円までしか借りられないことになります。(50万円以下でも他の消費者金融と合わせ借入額が100万円を超える場合は収入証明書が必要となります。)

 

銀行カードローンであれば、基本的に100万円まで収入証明書は必要ありませんので、収入証明書不要で借りるなら銀行カードローンへ申込みすることがベストと言えるのです。