総量規制対象外の消費者金融?対象外と例外を解説!

総量規制対象外の消費者金融とは

総量規制対象外の消費者金融を探している人を多く聞きますが、まず、総量規制対象外の消費者金融はありません!総量規制とは貸金業法の法律で、貸金業者は全て総量規制に従わなければならず、消費者金融は貸金業者になりますので、必ず総量規制の対象となるのです。

 

総量規制には対象外と、例外、除外の3つのパターンがあり、一般の人から見ればかなり複雑です。3つのパターンを理解することができれば、総量規制対象外の消費者金融は無いと納得することができるでしょう。

総量規制例外・除外・対象外の説明
総量規制例外貸付 消費者金融等の貸金業者が行う契約で、例外的に年収1/3以上融資を可能とした貸付条項。
総量規制除外貸付 消費者金融等の貸金業者が行う契約で、年収1/3以上融資可能で尚且つ、貸付した金額は総量規制の計算から除外される。
総量規制対象外 貸金業者ではない銀行などの金融機関の貸付。

総量規制対象外は貸金業者以外の貸付を指します

総量規制対象外とは

根本的なことですが、総量規制対象外とは貸金業者以外の貸付のことを指しており、具体的には銀行や信用金庫、労金などのローンです。貸金業者とは、消費者金融やクレジット会社などの貸金業登録している金融会社のことで、金融機関以外のノンバンクのほとんどが貸金業者となっているのです。

 

その為、貸金業者で総量規制対象外になることは、まずありえません。総量規制対象外になるのであれば、貸金業者では無いということになるからです。

総量規制例外とは消費者金融が1/3以上貸付する契約である

総量規制例外・除外について

貸金業者の消費者金融は絶対に年収の3分の1以上貸付ができないわけでは無く、総量規制には例外と除外契約があり、例外・除外契約であれば、年収の3分の1以上でも融資をすることは可能となっています。

 

この総量規制例外貸付のことを、総量規制対象外と間違えて捉えている人が多くいます。先ほど言ったように総量規制とは貸金業法になりますので、そもそも、銀行等の金融機関は総量規制は全く関係がありません。

 

銀行のカードローンや、リフォームローン、自動車ローンなど、銀行融資すべては年収1/3の規制とは関係が無いのです。銀行と総量規制とは切り離して考えることが重要です。

 

そして、消費者金融は貸金業者になりますので、総量規制の対象となり、年収1/3までしか原則貸付ができませんが、すべてを1/3に規制してしまえば、問題がでることから、総量規制には例外と除外項目があり、その条件をクリアした場合は年収3分の1以上貸付してもかまわないことになっているのです。

総量規制例外貸付条項
  • 顧客に一方的に有利となる借り換え・段階的に債務を減らす借り換え。
  • 緊急の医療費の貸付。
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金貸付。
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付。
  • 個人事業者に対する貸付。
  • 預金取り扱い金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係わる貸付。(施行規則第10条の23第1項各号)
総量規制除外貸付条項
  • 不動産購入又は不動産改良の為の貸付(その為のつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額医療費の貸付
  • 有価証券担保の貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介(施行規則第10条の21第1項各号)

総量規制例外と除外の違いとは?

総量規制例外と除外の違い

総量規制には例外貸付と、除外貸付がありますが、その違いは総量規制の計算の1/3に含まれるか、含まれないかの違いです。

 

総量規制例外貸付は、おまとめローンや借り換えローンなどの低金利への借り換えが該当しますが、年収3分の1を超えても例外的に融資が可能となっており、貸付した金額に関しては、総量規制の1/3の計算に含まれます。

 

例えば、年収300万円の人が、消費者金融より総量規制例外貸付としておまとめローンを150万円で借りたとします。年収300万円であれば、総量規制によって1/3の100万円までしか借りることは原則できませんが、おまとめローンは総量規制例外貸付の段階的に債務を減らす借り換えに該当しますので、年収1/3を超えても貸付が可能となるのです。

 

しかし、おまとめローンで借りた150万円は総量規制の対象となりますので、年収300万円の人は、残高が100万円未満にならなければ、今後一切貸金業者からの借入は総量規制によってできません。

総量規制除外は貸付分を1/3の計算に含まない

一方、総量規制除外貸付は、総量規制の1/3の計算には含まれません。例えば、消費者金融より、自動車ローンとして年収300万円の人が150万円を借りたとします。

 

総量規制でも融資可能

この場合、借りた150万円は総量規制の1/3の計算に含まれませんので、仮にこの人が消費者金融から借金が一切なければ、自動車ローンを借りたとしても、まだ年収1/3の100万円まで消費者金融から借りることは可能となるのです。

 

このように、総量規制例外と、除外は、総量規制の計算となる、年収1/3に貸付分を含むか、含まないかの違いになるのです。